佐藤恭久のトライアスロンパラダイス・・・ - がんばれヤス! いつかまたハワイへ(初代山形県強化指定選手)

トライアスロンの歴史

トライアスロンとは何ぞや

トライアスロンの歴史

冗談から始まったトライアスロンの歴史


トライアスロンは鉄人レースとも言われています。

1977年にアメリカの海軍のジョン・コリンズ中佐が、酒の席で、
「ハワイで3.84キロのwaikiki rough water swim、
179.2キロのオアフ島1週サイクリング大会、
42.195キロのホノルルマラソンのうちで、
一番大変な競技はどれだろうか?」
と議論になりました。
 「それなら三種目を一度にやってみてはどうか」ということになり
1978年2月に
第1回大会がオアフ島で開かれました。
距離は
スイム(水泳) 3,9キロ
バイク(自転車) 180,2キロ
ラン(フルマラソン) 42,195キロ

その後
日本からも中山俊行、山本光宏がチャレンジ。
国内でも宮古島や琵琶湖などで大会が開催されるようになった。

80年台からは短距離レースが登場。

距離は(この距離がオリンピック距離)
スイム 1,5キロ
バイク 40キロ
ラン 10キロ

挑戦→スピードレースにイメージが変わっていく。

更にスピードが要求される
スーパースプリントの登場
スイム 0.2キロ
バイク 4キロ
ラン 1キロ



1994年オリンピック種目に正式採用される。
ドラフティング走行(前の選手を風除けにして走ること)が容認され、
接戦が見られるようになった。

2000年シドニーオリンピック
でトライアスロン初登場
 日本は国別ランキングから男子3人、女子3人の出場枠を獲得。
小原工(33歳)、西内洋行(24歳)、庭田清美(29歳)、細谷はるな(27歳)、平尾明子(24歳)

シドニー五輪結果
 小原工21位 西内洋行46位 福井英郎36位 庭田清美14位 細谷はるな棄権 平尾明子17位 

2004年アテネオリンピック
m(__)m アテネ 田山すごかった!ラン1週目、6位まであがった、メダルに届くのではないかと興奮し応援した。
アテネ五輪結果
 西内洋行32位 田山寛豪13位 庭田清美14位 中西真知子20位 関根明子12位 

2008年北京オリンピック
北京五輪結果
2008年8月18日
井出樹里5位 2時間00分23秒77
庭田清美9位
上田藍17位 2時間02分19秒09
優勝は豪州代表E・スノーシル 1時間58分27秒66
2008年8月19日
山本良介30位
田山寛豪48位
  


トライアスロンの歴史はバイク(自転車)の歴史でもある
前乗り・26インチ・エアロ・いろいろ変化していきました。
進化ではありません。
      

前のり

26インチ

DHバー'87
(スコット社)
ダウンヒルバーのことで、発想の原点は、スキーの空気抵抗を少なくした姿勢。


エアロ
佐渡トライアスロン大会 25歳の頃かな?ノリノリの時?



活躍した選手を紹介しよう
'87
 スコット・モリーナ
 デイブ・スコット
 スコット・テンリー
 宮塚英也
 中山俊行
 城本徳満
 飯島健ニ郎
 田中宏昭
 八尾彰一
 梅沢智久
 山本光宏
 前田芳久
'88
'89
'90
'91
'92
'93
'94
'95
'96
'97
'98
'99
'00
'01
'02
'03
'04
'05
'06
'07
'08

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional